レースカーテンの洗濯は家庭でできる?誰でも簡単に洗濯できるコツとは

レースのカーテンを一度も洗ったことがないという人もいるのではないでしょうか。生地が繊細そうで普通に洗濯しても大丈夫なのか心配だという人もいるかもしれません。しかし、レースのカーテンは自宅で洗えるものが多く、コツさえつかめば簡単に洗濯できます。レースのカーテンがきれいになれば部屋も明るくなりますよ。そこで、ここではレースのカーテンを簡単に洗濯するコツ、洗濯の頻度などについて説明します。

レースのカーテンは洗濯したほうが良いの?自分で洗えるもの?

市販の既成品のレースのカーテンは、基本的には自宅で洗濯できるものが多いです。レースのカーテンは共に吊るした厚地のカーテンとは異なり、朝も夜も四六時中使っているものです。レースのカーテンは、単に外からの視界をさえぎるためだけのものではありません。

窓から入る砂ぼこりや花粉などが室内に入り込むのを窓際で防ぐ働きもあります。また、料理のにおいが染み付いたり、窓の結露によりカビが生えたりすることもあるものです。

窓を開けるとレースのカーテンに付いた汚れやカビが室内に散乱してしまい、体に害を及ぼすことにもなりかねません。あまり汚れたように見えなくても、洗濯すると水が真っ黒になるほど汚れているものです。ぜひ洗濯をして白く清潔な状態を取り戻しましょう。

まずは洗濯表示を確認

レースのカーテンが洗濯できるかどうかを確認するには、カーテンの上部か下部に縫い付けてある洗濯表示のタグを確認します。手洗いマークや洗濯機マークに×印が付いていなければ自宅で洗うことができます。
手洗いマークや洗濯機マークに×印が付いていて、水洗い不可やドライクリーニングと指示があれば自宅での洗濯は諦めてクリーニング店に出しましょう。

同時に、使えない洗剤や注意事項も確認しておきます。エンソサラシや△の上に大きく×印が付いているものは、塩素系漂白剤が使用できません。また、△の中に斜めに2本線が入っているものは酸素系漂白剤は使えますが、塩素系漂白剤は使えません。誤って使用すると、レース生地がボロボロになったり変色したりする危険性があります。

タグに中性と書いてある場合は、中性洗剤を使用して洗いましょう。デリケートな素材の洗濯に適したおしゃれ着洗い専用の洗剤を使います。蛍光増白剤が入っている粉末洗剤は、オフホワイトやベージュがかった色味を変色させることもあるため気をつけましょう。

レースのカーテンの洗濯方法1.下準備

カーテンレールから取り外し、上部のカーテンクリップやフックを全て取り外します。なぜなら、カーテンフックなどを取り外さずに洗濯すると、ふとした拍子に生地に引っ掛かって裂けてしまうことがあるからです。取り外す際は、元々どのように付けられていたかをよく観察して元に戻せるようにしておきましょう。

レースのカーテンにカビや目立つシミを発見したら、タオルなどの布の端に熱湯を含ませ拭き取っておきましょう。もしくは、シミ抜きの要領で下にタオル類を敷き、上から洗剤の原液かアルコールを含ませた歯ブラシや綿棒で下のタオルに叩き移します。

この時点で完璧に汚れを落とす必要はありません。繊維に洗剤分を染み込ませておけば洗濯できれいになることがほとんどです。

レースのカーテンの洗濯方法2.洗濯方法

レースのカーテンは縦にジャバラ式に軽く折り畳んでおきます。その後、横方向に数度折り大きい洗濯ネットに入れます。その際は、汚れやすい上部や裾は内側に折り込まず、外側になるように畳みましょう。

洗濯コースは、手洗いコースや弱水流、またはドライコースなどを選びます。カーテンがひどく汚れていても、強運転コースにしたり洗剤を規定量以上に増やしたりする必要はありません。洗濯の水がドロドロに真っ黒になるなら、2度洗いをすると良いでしょう。

柔軟剤を入れると繊維の表面が滑らかになりシワ防止やカビや汚れの付着の予防になります。香りの強い柔軟剤は室内に匂いが広がるため、微香や無香のものが無難でしょう。脱水時間はレースのカーテンなら30秒程度で十分です。あまり、長く脱水してもシワになるばかりなので、手動で途中で止めて様子を見ると安心です。

レースのカーテンの洗濯方法3.干し方

脱水が終わったらそのまま放置せずに、すぐに洗濯ネットから取り出し縫い目を手でやさしく引っ張り、縮みを伸ばします。たたみジワなどは広げて両手に挟んで伸ばすように軽く叩いておきます。薄地で乾きやすいため乾燥機に入れる必要はありません。かえって温風で生地を傷めてしまいます。

干すときは、元のようにカーテンクリップやフックを取り付け、カーテンレールに吊るします。あとは、自然乾燥するのを待つだけです。せっかく洗濯したレースのカーテンを汚さないためにも、あらかじめ窓やサッシを拭いておくと万全です。

きれいになったレースのカーテンと窓のおかげで、さらに部屋が明るくなりますね。部屋の空気も清潔で爽やかに感じることでしょう。

こんなときは宅配クリーニングがおすすめ!

レースのカーテンが自宅で簡単に洗濯できることがわかり安心したのではありませんか。洗濯機の黒い汚水を見て、こんなに汚れていたのかとゾッとする人もいるでしょう。交通量の多い窓の近くや、風の強い日のあとなどは特に汚れているものです。

きれいな状態を保つためにも、年に2~3回は洗濯すると汚れも溜め込まず楽に洗濯できますよ。ただし、レースのカーテンは常に紫外線を浴びる宿命にあり、経年劣化を防ぎきれるものではありません。なるべく長持ちするよう優しく取り扱いましょう。

お気に入りのレースのカーテンの汚れがどうしても落ちない、自分で洗うのは不安なのでプロに洗ってほしい、というときは、クリーニング店に洗濯を頼むと良いでしょう。ただし、レースのカーテンは結構かさばるものなので、自宅まで取りに来てくれて仕上がったら届けてくれる宅配クリーニングが便利でおすすめです。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

ランキング一覧

おすすめ記事

  1. 布団にいるダニが健康被害をもたらす?ダニを退治する方法を紹介

カテゴリー