冬服を限られたスペースの中で効率よく収納する方法

春や夏の衣類と比較して、冬服は生地が厚くてかさばるものばかりです。そのため衣替えの時期には、収納スペースを確保するのに苦慮している人も少なくないのではないでしょうか。
限りあるスペースの中で効率的に収納するためには、ちょっとした工夫が必要となります。そこで今回は、冬服を上手に収納するためのコツをご紹介します。

まずは断捨離でいらない服を捨てる

冬服は厚手の生地が多く、収納する場合は広いスペースが必要となります。限られたスペースの中に収めるのであれば、思い切って断捨離を実施し、不要な冬服を捨ててしまうことが重要です。
断捨離をする前の下準備として、大きめの箱を2つ用意しましょう。捨てる服と捨てない服を区分けするためです。

服を選ぶ基準

肝心なポイントとしては、「今シーズン中に一度でもこの服を着たのか」という点です。
もし一度も着ることなくシーズンを終えたのであれば、来シーズン以降も着る可能性はほとんどありません。「いつか着るかも」という甘い考えは不要です。

今現在着ることのできない服

また、体型の変化によって服のサイズも合わなくなるものです。以前よりも体重が増えて服を着ることが難しくなってしまった場合は、つい「痩せたらまた着られる」という思考に陥りがちです。
しかし流行り物の服は旬を終えるのが早いので、痩せるまで長々とは待ってくれません。流行り廃りのない服以外は、心を鬼にして捨ててしまいましょう。

冬服を収納する時のポイント

冬服を効率的に収納するためにも、最初に簡単な分類をしておくことをおすすめします。今シーズンに何度も着ていたお気に入りの服は、来シーズンも着る機会が多くなることが予想されるため、一つにまとめておきます。
また、生地が薄めの冬服は突然肌寒くなった時に活躍する場合もあるので、すぐ取り出せるスペースに収納しておくと後々便利です。

場所をとりがちな厚手のジャケットは畳んでもOK

厚手のダウンジャケットはハンガーにかけてクローゼットへ収納するのがベストですが、スペースが不足している場合は折りたたんでしまいましょう。まずフードなどの付属品を取り外し、次に袖を内側へ折りたたんでください。
その後で半分に折り、さらに丸めるような形でもう半分に折りたたみます。最後に両端を紐で縛れば完成です。場所を取りがちなダウンジャケットを折りたたむことで、クローゼットのスペースにゆとりをもたらすことができるでしょう。

小物の収納には壁のスペースを有効活用!

マフラーや手袋、靴下やベルトといった小物の収納にはウォールポケットを活用しましょう。壁の余っているスペースは意外と使い切れていないものです。
そこで小さなポケットがいくつも付いたウォールポケットを設置することで、効率的に収納することができます。

インテリアに合わせて選ぶ

ウォールポケットには布タイプから、しまってある衣類や小物がひと目でわかるクリアタイプまで、様々な種類のポケットが用意されています。自分の好みや部屋のインテリアに合わせて選ぶと良いでしょう。

利便性の高さが魅力

ウォールポケットは収納できるポケットの数が多いこと以外に、手軽に持ち運びができる利便性の高さも魅力ですね。シーズンが終わった時や、再び冬が近づいてきた時でも、すぐに対応できるというメリットがあります。

かさばるアウター類は圧縮収納が最適

冬服で最もスペースを使うのが、コートをはじめとしたアウター類です。限られたクローゼットの収納スペースをアウター類が埋め尽くすのはとても勿体ないですよね。こんな時に役立つのが「衣類圧縮袋」です。
1袋あたり2~3着のアウター類を入れて圧縮することが可能で、5分の1程度にまでボリュームを抑えることができます。ハンガーに吊るした状態で保管できるので、クローゼットの貴重なスペースを有効利用できますよ。

羽毛入りダウンジャケットは圧縮に不向き

ただし羽毛が入っているダウンジャケットは圧縮の不向きなので気をつけましょう。また、衣類圧縮袋を購入する際は「旅行タイプ」を選択しなうよう注意してください。
旅行タイプは衣類を入れた状態でくるくると丸めながら空気を抜いていく仕様なので、服にシワができたり、すぐに空気が入って元通りになってしまう恐れがあります。長期保存する場合は必ず通常タイプの衣類圧縮袋を選ぶようにしましょう。

冬服の収納に合った収納ボックスとは?

衣類収納の強い味方といえば収納ボックスです。クローゼットに収まりきらなかった冬服は、収納ボックスにしまうことでスッキリと片付けることができます。

収納ボックスの種類

収納ボックスには一段タイプと多段タイプがあります。一見すると多段タイプの方が収納力はありそうですが、3段以上になるとキャスター付きであっても移動するのが大変です。
一方で一段タイプは持ち運びが便利なだけではなく、積み重ねて多段タイプのように使えば収納力も十分なので、こちらの方が利便性は高いですね。

冬服の収納に適しているのは?

冬服の収納に適しているのは高さ30cm前後のボックスです。高さがあることでセーターやパーカーなど厚みのある服でも、立てて収納することが可能です。
服を立ててしまえばどこに何が入っているかが一目瞭然なので、収納した場所がわからなくなるといったリスクを減らすことができます。

収納の悩みは宅配ハウスクリーニングの保管サービスで解消!

部屋の収納スペースが満杯になってしまった場合は、宅配ハウスクリーニングの保管サービスを利用する方法があります。用意された回収袋や専用のバッグなどに冬服一式を入れ、あとは業者に宅配便で送るだけで完了です。

湿度管理などが徹底された専用ルームで保管

綺麗にクリーニングされた上、防カビや防虫、湿度管理などが徹底された専用ルームにて長期間保管されます。保管期間は6~9ヶ月程度が一般的です。
最適な環境の中で冬服を次のシーズンが来るまで大切に保管してもらえるので、収納スペースの管理や衣類の煩わしさから解放されたい人にとっては打って付けのサービスと言えるでしょう。

受け取り時期はこちらで指定可能

保管されている服の受け取り時期はこちらで指定することが可能なので、急遽コートやセーターが必要になった、という時でも予定を早めて返送してもらうことができます。
収納スペースがなかなか確保できず困っている人は、宅配ハウスクリーニングの保管サービスがおすすめです。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

ランキング一覧

おすすめ記事

  1. 布団にいるダニが健康被害をもたらす?ダニを退治する方法を紹介

カテゴリー