失敗しない!型くずれしやすいジャケットをおうちで洗濯するコツとは?

ジャケットはビジネスでもプライベートでも使用できる便利なアイテムです。出番が多い分、汚れも付きやすいのでこまめな洗濯が必要となります。しかしジャケットは洗濯型崩れがしやすいので、洗濯しづらいアイテムでもあるので、お悩みの人も多いでしょう。
そこでこの記事では、出番が多いのに洗濯しにくいジャケットを、自宅で洗濯する際のポイントについてご紹介していきます。

洗濯前に準備することとは?

洗濯を始める前に、まずは衣類についている洗濯表示をチェックしましょう。「手洗い」や「洗濯機」のマークがついていれば、自宅で洗うことが可能です。反対にこれらのマークがついていない場合は、無理をせずにクリーニングに出すのが安心です。

次に洗剤を用意します。通常の洗濯で使用する洗剤では、色あせしてしまったり、生地が傷んでしまう可能性があります。ジャケットを洗う場合は「おしゃれ着用洗剤」を選びましょう。

また、洗濯を始める前にジャケットの汚れ具合を観察することも重要です。襟や袖口などの汚れが目立つ部分に、部分洗い用の洗剤かおしゃれ着用洗剤を直接付けておきましょう。こうすることで、汚れが落ちやすくなるのです。

洗濯機で洗う場合のポイント

洗濯機を使用して洗う場合は、まずジャケットを裏返しにします。そして綺麗に折りたたみ、洗濯ネットに入れてください。このひと手間で、ジャケットの型崩れを予防することができます。
またジャケットについているボタンやファスナーは忘れずに閉めるようにしましょう。ボタンが取れてしまったり、ファスナーが壊れてしまうのを防ぐためです。

洗濯機のコースは洗濯表示にならって、ジャケットに負担がかからない「手洗いコース」か「ドライコース」を選択してください。これらのコースを選ぶと、洗濯機があまり回転せず、衣類同士が擦れる可能性が低くなるので、傷みにくくなるのです。洗濯表示に「手洗い」と記載されている場合は、洗濯機は使用せず、手洗いをしてください。

手洗いする場合のポイント

手洗いをする場合も、裏返して折りたたんでから行った方が、型崩れを防げます。
洗い桶や洗面ボウルにぬるま湯を張り、洗剤を入れます。軽く泡立つ程度で良いです。続いてジャケットを入れます。
この際強く押したり揉んだりすると、生地が傷む原因になってしまうので注意してください。

ぬるま湯の中にジャケットを沈めて、浮かんで来たらまた沈めて、という手順を繰り返しましょう。30回程度繰り返したら、ジャケットの形を軽く整え、15分程度浸け置きをします。時間が経過したら、ジャケットをひっくり返してさらに15分程度放置します。

これらの手順が完了したら、すすぎに入ります。すすぐ際も、強く押してはいけません。何度か水を入れ替えながら、優しく押してすすぎを行います。
すすぎが終わったら、洗濯機に入れて10秒程度脱水を行いましょう。あまり長い時間行うと、生地が傷んだり、毛玉が発生する原因となりますので、注意してください。

型崩れ防止には、干し方も重要!

洗濯が終わったら、ジャケットを干す工程に入ります。
脱水完了後、すぐに洗濯機から取り出します。裏返していたのを元通りに直し、皺を伸ばしながらハンガーに干しましょう。

また、型崩れを防止するためにはハンガー選びも重要です。厚みのない、針金のようなハンガーではジャケットをしっかりと支えることができません。ジャケットの肩幅よりも大きいものや小さいものは、型崩れの原因となってしまいますので、ある程度厚みのあるハンガーを使用するとよいでしょう。
このようなハンガーを所持していない場合は薄いハンガーをいくつか重ね、その上にタオルを巻いたもので代用することができますので、試してみてください。

ジャケットは直射日光に弱いため、風通しの良い日陰に干すとよいでしょう。仕上げにアイロンをかけましょう!ジャケットが乾いたら、皺が残っていたということも多いでしょう。そのままではだらしない印象になってしまいますので、アイロンをかける必要があります。

洗濯表示にアイロンの設定温度が記載されていますので、まずはその確認をします。そしてアイロンの温度を合わせたら、ジャケットの生地から少し浮かせて、強く押し付けないようにしていきます。押し付けると生地が傷んだり、てかってしまったりするので注意してください。
また、そのままアイロンをつけると、てかる原因になりますので、当て布は必ず使用してください。

肩の部分にアイロンをかける場合は、アイロン台の角の部分を利用すると綺麗に仕上がります。その他にも、丸めたタオルを肩の部分に詰めるというやり方でも、十分綺麗に仕上げることができます。

素材別の注意ポイントとは

最後に、ウール、綿、麻のそれぞれの素材のジャケットを取り扱う場合の注意点をご紹介します。

まずウール素材のジャケットは、縮みやすいという特徴があります。そのため、縮み具合を確認しながら洗濯ができる手洗いを推奨します。そしてアルカリ性の洗剤の使用は厳禁です。この洗剤を使用すると、繊維の表面を覆っているたんぱく質が溶け落ち、ゴワついてしまうからです。

次に綿素材のジャケットについてです。このタイプは特に皺になりやすいので、脱水時間は特に短くする必要があります。10秒でも長いくらいです。綿は水に濡れると水の重みで下に引っ張られてしまうので、通常通りにハンガーで干すと伸びてしまいます。
そのためハンガーではなく平らな台の上などで干す「平干し」をするとよいでしょう。

最後に麻素材のジャケットです。この素材も皺になりやすいため、洗濯後は「濡れ干し」という方法が適しています。やり方は簡単で、洗濯後に脱水はせず、濡れたままハンガーにかけて干すという方法で、水の重みで皺をのばすことができます。型崩れを防ぐため、やや厚みのあるハンガーを使用してください。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

ランキング一覧

おすすめ記事

  1. 布団にいるダニが健康被害をもたらす?ダニを退治する方法を紹介

カテゴリー