服を保管するコツは?収納前の服のケアについて解説

クローゼットにあふれる服の管理に頭を悩ませていませんか?最近は暑さが過ぎるとすぐに寒くなって、その日に着る服を選ぶのが難しいこともあるでしょう。
服の管理をしやすくするには、やはり多すぎる服を減らすところから始めるのが一番の近道かもしれません。それでは、残す服はどのようにして選ぶのがいいのでしょうか?

捨てるべき服は何か?

でははじめに、必要な服だけを選ぶ作業にとりかかりましょう。このときやってしまいがちなのが「要らない服を選ぶ」というやり方です。
要らないものを捨てれば必要なものだけが残るのではないか?と考えてしまいがちですが、このやり方だと「必要かどうか判断ができない微妙なもの」が必要な服の方に残ってしまうので意外と服が減りません。そこで勇気をもって、いったんクローゼットからすべての服を出し1ヶ所に集めるのがコツです。

「絶対に次のシーズンも着る」を戻す!

次に「絶対に次のシーズンも着る」と思える服だけを選び、クローゼットに戻します。1シーズン着ていない服、1年間着ていない服、サイズが合わなくなった服などは迷わず捨てましょう。
この時、今の季節の服・次の季節の服・時期外れの季節の服の順で取り掛かると判断がしやすいです。慣れた頃なら、最後の時期外れの服の判断も的確にできるでしょう。こうすると絶対に着る1軍の服だけがクローゼットに存在する状態になります。

服の処分に適した時期は?

こうして残った服は不要な服ですので、絶対に収納しないでください。
もったいない気持ちも生まれるかもしれませんが、古着屋に売るか、ヤフオクやメルカリで売るか、捨ててください。着なくてもどうしても処分できない衣類は、ジップロックなどで小さく圧縮し「衣装箱一つ分だけ」などと上限を決めて保管し、年に一度かならず見直すことに決めましょう。

服の買い足しがスムーズに

こうして1軍の服だけになると少し服の数が心細くなるかもしれませんが、どんな服が足りないのかはっきり分かるので、買い足しが上手にできるようになるのが最大のメリットです。
そういう意味では季節の変わり目の直前、セールが始まる前に必要な服を選ぶ作業をすると、お得に買い物ができます。セールでは買い物に失敗するというタイプの人は、季節の服が出きった頃、服を買い足したくなる時期にこの作業を行うと、シーズンの服選びがスムーズにできるのでおすすめと言えます。

夏服をしまう前にしておきたいケア

夏服の保管の仕方を考えていきましょう。まず収納する前にシーズン終わりにしっかりと手入れをすることで、次のシーズンに着ようと思った時に良い状態で着ることができます。
夏物衣類の一番の特徴は、汗の汚れが残りやすいという点でしょう。家で洗える衣類は適切な洗濯コースで洗ってしっかり干しておけばそのまま収納して大丈夫です。

シャツの黄ばみは何が原因?

しかしTシャツや肌着などはこまめに洗濯しても脇部分が黄ばんで取れないことがあります。これは皮脂汚れが蓄積して酸化したせいで黄ばみが発生しているので、洗浄力を上げてできるだけ汚れを除去する必要があります。

Tシャツの黄ばみを落とす方法

効果的で簡単な方法としては、水の温度を少し上げて酵素性漂白剤を使うとよく汚れが落ちるでしょう。40~50度くらいの温かいお湯に液体の酵素系漂白剤と洗剤を入れます。
そこに衣類を30分くらいつけて、そのあと洗濯機で洗います。黄ばみがひどい部分に直接酵素系漂白剤を塗ってからつけ置きするのも効果的でしょう。

夏服の保管で気をつけることは?

このように洗濯できるものはいいのですが、家庭で洗えない衣類はクリーニングに出しましょう。
ただし一般的なドライクリーニングは汗などの水溶性の汚れを取る効果は弱いので「汗抜き」「ウェットクリーニング」でお願いするようにします。水洗いできる衣類は自動的に汗抜き処理になりますが、念のため一言伝えると安心でしょう。

収納場所は日光が当たらない場所に

戻ってきた衣類は、梅雨時期のカビを防止するためにビニールは外します。そしてかけたりたたんできれいにしたりして保管します。収納場所としては、日光があたらない場所に保管するのが基本です。日光だけではなく蛍光灯による紫外線でも色褪せは発生しますので、注意が必要です。
クローゼットに収納していても隙間から光が入りっぱなしになると退色することもあります。綿素材の色が濃い衣類は色が抜けやすいので、特に注意してください。夏物は軽い衣類が多いので、クローゼットの上段にしまうといいでしょう。

冬服をしまう前にしておきたいケア

冬服はどのような点に気をつけて保管すればよいのでしょうか?夏服と同様に下準備をしっかりすることが、次のシーズンに備えることになります。冬服で一番多いトラブルは、衣類の虫食いですので防虫対策をしましょう。
住宅の気密性が上がったことや温暖化のため、衣類につく虫には快適な環境になっています。とくに虫の大好きなカシミヤやアンゴラなどのウールをしまう春先は害虫が活発化し始めますので、高級衣類の防虫対策をしっかりするよう心がけましょう。

正しい害虫対策の方法とは?

防虫対策と言えば、市販されている防虫剤をクローゼットに入れている人が多いかもしれません。
それでも虫食いが発生してしまうことが多いのですが、それは正しい使い方がされていないからです。防虫剤は密閉した空間で使ってこそ効果があるのに、隙間があるままにしているため虫食いにあってしまうのです。

正しい防虫対策とは?

市販の防虫剤はゆっくりとガス化した防虫成分が収納する場所に満ち、虫が近づかないようにするタイプのものが多いです。密閉した状態で使うのが最も効果がありますので、まず収納を密閉できるものに替えましょう。
開け閉めを頻繁に行ったり、衣類をぎゅうぎゅうに詰めすぎたりしていると防虫効果が半減してしまいます。

防虫剤は衣類より上の場所に

また気体となった防虫成分は空気より重いため下に溜まっていきます。防虫剤は衣類より上の場所に置くことも心がけましょう。衣類を食べる虫はウールやカシミヤ、シルク(絹)などの動物性繊維を食べます。
ウール製品だけでなく綿や麻などの天然繊維やポリエステルなどの合成繊維でも、衣類に食べこぼしや汗が残っていると害虫被害に合う可能性がありますので注意しましょう。

害虫駆除には熱が一番

衣類につく虫やその卵は熱に弱いので、アイロンなどのスチームを当てると熱で死にます。クリーニング店でドライクリーニングをすると衣類の虫は確実に死滅しますので、シーズン終わりは必ずクリーニングに出すと良いでしょう。
保管場所は、防虫剤がたまりやすいクローゼットの下段にしまうのがおすすめです。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

ランキング一覧

おすすめ記事

  1. 布団にいるダニが健康被害をもたらす?ダニを退治する方法を紹介

カテゴリー