誰でも失敗しないセーターの洗濯方法はある?洗濯のコツを伝授!

お気に入りのセーターを洗濯したら、伸びたり縮んだりして、見るも無残な姿になってしまった。そんな経験がある人は多いのではないでしょうか?クリーニングに出すのは手間もお金もかかってしまうので、自宅で手軽に、そして簡単にセーターを洗えるととても嬉しいですね。そこでこの記事では、誰でも失敗しないでセーターを洗濯するコツをお伝えします。

洗濯前にチェックすべきことは?

洗濯をする際は、どんな衣類であってもまずは洗濯表示を確認しましょう。水洗い可能との表示があれば、自宅で洗濯をすることができます。しかし水洗い不可の場合は、洗濯機を使用するとセーターを傷めてしまう場合があります。その場合は洗濯機の使用はせず、手洗いで慎重に扱います。大切なセーターだから不安だという場合は、クリーニングに出しましょう。

またドライクリーニング不可の洗濯表示があるものや、繊細な装飾が施されているセーターなどは自宅では洗濯してはいけません。さらにアセテート、シルク、レーヨン、キュプラといった繊維で造られている物は、摩擦や熱、水に弱いという特徴があるので、これらで造られているセーターは自宅で洗濯しない方がよいでしょう。

さらに色落ちにも注意しなければなりません。洗濯前に、セーターの目立たない部分に中性洗剤をつけてしばらく置いておきます。そして洗剤をつけた部分に白いタオルを当てます。何も色がつかなければ、自宅での洗濯が可能です。色がついてしまった場合は、クリーニングへ持っていきましょう。

洗濯機を使って洗濯をする場合のポイント

洗濯機を使用する場合は、セーターを洗濯ネットに入れて行うとよいでしょう。その際、袖口など汚れが気になる部分を外側にすると汚れが落ちやすくなります。さらにセーターがネットの中で動いて型崩れしてしまうのを防ぐため、ぴったりサイズのネットを選ぶことも大切です。

洗剤は「おしゃれ着用洗剤」を入れ、ドライコースか手洗いコースで洗濯を行います。アクリル素材のセーターは型崩れしにくいですが、ウールやカシミアは水に弱い性質ですので、特に注意してください。

また、乾燥を予防する効果もありますので、柔軟剤も使うとよいでしょう。洗濯後の脱水時間も、できる限り短い時間にすることをおすすめします。脱水時間が短ければセーターの伸びや縮みといった型崩れを予防することができます。

手洗いする場合のポイント

洗濯する枚数が少ない時や、デリケートな素材のセーターを洗う時は、手洗いを選択しましょう。セーターを手洗いするメリットは、洗濯機を使用するよりもダメージが小さいという点です。手洗いを行う場合は、まず洗濯表示の水温をチェックし、洗い桶や洗面ボウルに表示された水温の水を用意します。

続いてそこに中性洗剤を入れ、しっかりと溶かしましょう。洗剤が溶けたら、セーターを入れ、あまり力を入れずに優しく押し洗いをしてください。襟や袖口など、特に汚れが気になる部分がある場合は、そのまましばらく浸けておきます。汚れが気なるからといって、その部分をこすったり、揉んだりするのは厳禁です。

洗い終わったら、水を交換しながらすすぎを行います。柔軟剤を使用する場合は、すすぎの最後に入れてください。完全にすすぎが終わったら、セーターをタオルに挟んで水気を取れば終了です。洗濯機を使用して脱水を行う場合は、ネットに入れて行いましょう。

乾かし方にも注意が必要!

セーターを乾かす際に注意すべき点は3点あります。まず「日干しをしない」という点です。日当たりの良い場所にセーターを干すと、繊維が傷んで色落ちの原因となります。干す場合は、必ず風通しの良い日陰を選んでください。

次に「平干しをする」点です。Tシャツやブラウスのように普通にハンガーにかけると、セーターが伸びてしまいます。そこで平干し専用のグッズを使用したり、ピンチハンガーの上の部分を活用して、平干しするとよいでしょう。最後の注意点は「型崩れの予防」です。干す際は必ず皺を伸ばし、形を整えてから干すようにしてください。平干しの際にも形を整えてから乾かさないと、本来の形とは違う癖や跡、皺がついてしまう可能性があります。

洗濯で毛玉を防ぐ方法とは?

セーターが型崩れしなかったからといって、自宅での洗濯が成功したとは言えません。お気に入りのセーターにゴロゴロと毛玉がついてしまっては台無しです。そもそも毛玉とは、衣類が擦れ合うことで発生します。

そのため、セーターを洗濯する際は極力擦らないことが重要なポイントです。手洗いの際は汚れなどを擦って落とすことがないよう、気を付けましょう。

洗濯機を使用する場合は、他の衣類と一緒にせず、セーターをネットに入れて、単体で洗うようにすると、摩擦が発生しにくくなるので、毛玉も防ぐことができます。セーターを入れるネットは前述の通りぴったりサイズがおすすめです。ぴったりサイズであればセーターが動かないので、型崩れと共に毛玉の発生も防ぐことができるからです。

もしもセーターが縮んでしまったら?

色々と気を付けて洗濯したのに、セーターが縮んでしまった!そんなことになったら、大変なショックですよね。しかし安心してください。縮んだセーターを元に戻す方法をご紹介します。手順は難しくありませんし、用意するものもヘアトリートメントとスチームアイロンの2つです。

やり方はまず、洗い桶や洗面ボウルにぬるま湯を入れ、そこにヘアトリートメントを15グラムほど入れて溶かします。そしてそこに縮んでしまったセーターを入れて、しばらく放置します。1時間程経過したら、取り出してタオルで挟んで脱水し、日陰に平干ししましょう。

生乾きの状態になったら、セーターをアイロン台に広げます。セーターから少し浮かせたところから、アイロンのスチームをたっぷり当てます。30秒ほどでよいでしょう。そして、スチームを当てた部分を両手で慎重に引き延ばしていきます。これをセーター全体に繰り返し行っていけば、元の形に戻すことができます。


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング


2018年オススメハウスクリーニング 業者ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3

ランキング一覧

おすすめ記事

  1. 布団にいるダニが健康被害をもたらす?ダニを退治する方法を紹介

カテゴリー